フィルム加工技術研究所

2.5μPET コーティング加工

2.5μPET コーティング加工

当社では、低張力に優れた塗工機を用いて、わずか厚さ2.5μmの極薄素材にコーティング加工を実現しています。 お客様から「極薄仕様で製作してほしい」「軽量化を実現してほしい」といったご要望に対して、材料メーカーと調整を行い、柔軟な対応でお悩みを解決いたします。

なぜ当社で実現できるのか

  • 低張力でのフィルム巻き取り・搬送ノウハウを保有
  • 狭幅80mmのコーティング加工に対応する、小型塗工機を保有
  • 難仕様でも材料メーカーと徹底して仕様調整する開発力
  • 安定した精度で加工するため、材料の適切な温度・湿度管理

フィルムのコーティング加工とは、フィルム基材に接着剤などを塗布する加工のことを指します。厚さ2.5μmの極薄素材にコーティング加工を行う場合、薄いフィルムは張力に敏感でコントロールが難しく、加工条件の詳細な調整が必要です。 樫の木製作所が保有するコーティング設備は低張力制御が可能であり、薄物加工に適しています。インクを乾燥させる条件も細かく定義し、熱収縮や熱によるストレスを与えずに加工することが可能です。これにより、伸度と強度を保った製品を提供できます。

こんな課題を解決できます!

  • 極細で柔軟性がある電線がほしい
  • 電線の軽量化をしたい

極細の同軸ケーブルやフィルムコンデンサ向けには、

①極細仕様で柔軟性のある電線

②軽量化

がスペック上で求められます。これを実現するために、樫の木製作所では、高い精度で条件を設定し、フィルムにストレスなく加工できます。破断などの不具合が生じると生産効率や精度が低下するため、厳格な品質管理を行っています。難しい仕様にも細かく対応していますので、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

こんな用途で使用ができます!

  • 材質:PET ⇒用途:極細同軸ケーブル
  • 材質:PET PP ⇒用途:フィルムコンデンサ
  • 材質:PET  ⇒用途 :フィルム加工用 当たり調整治具